Make Believe Diary

私の好きなものをツラツラと書きます。
ちなみに好きなのは音楽(ほぼ全般、ロックからブラック、インディーズまで幅広く)、
インテリア(北欧)、
小物(立体的なものがすきなんです)、
服、
あと仕事。

最近よくきいているCD:
YUI
PHOENIXの新譜
John Mayerのファースト
<< A Time To Love | main | たたかう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ストレス
社会に出て、よく考えるようになった事のひとつにストレスがある。なんとまあ多くの友人達・後輩達が、社会のストレスに苛まされている事か。男は太りだしたり痩せだしたり、女は肌があれだしたりお金をばんばん使うようになったり。私の周りだけかもしれないが、こうも社会は厳しいのか、と思うほどに皆ストレスを受けている。

ストレスにも様々な類があるのだろう。理不尽な文句を言われる、セクハラを受けるといったもの、あるいは自分があまりに仕事が出来ない事に対する劣等感、与えられたロールが大きすぎる事に対するプレッシャー、など。

時々思うのは、自分で必要以上のものを抱え込んでストレスを受けている人が多いのではないかという事だ。これは仕事が出来る人、真面目な人に多いのだが、自分が与えられたロールを明確に定義できないまま、全体が失敗したら自分の責任だ、くらいのコミットメントで仕事をしている人。最悪のケースだと、大きな部分を見すぎて潰れてしまい、成果物ゼロになってしまう。心を折られて入院、とか。ウツ、とか。

これは場合によってはその明確な定義を与えてあげない組織に問題があったりする事もあるのだけど、とにかくそこは貴方が悩むところじゃないんじゃない?みたいな部分を悩んでたりする。

どこかで読んだ文章に、『新人のうちは、責任感は持って欲しいが、責任をもつ必要はない』と書いてあった。そもそも新人、2〜3年目のへっぽこ社員ごときがケツを拭く事なんて出来ないのだ。そんなことはマネジメントクラスの仕事だと私は思っている。プロジェクト失敗はマネージャーの責任だ。では自分の責任はどこまであるのか、というのが問題となるのだけど、それが明確にわからないのであれば上に聞いてみるべきだと思う。自分のロールは何なのか。何をどのレベルで仕上げるミッションなのか。それさえ明確になっていれば、以外と自分がきっちりやらなければいけない部分って小さかったりする。

もちろん、自分のミッションがこなせないようなレベルでのストレスは、受けて然るべきだけれども。金をもらってる以上、それと同等のものは返さなきゃいけない。

| - | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 14:58 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://burywhite.jugem.jp/trackback/108
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode